老人ホームは個室の方が良い!というわけでもない

個室
老人ホームを選ぶときには、多くの人が個室を希望すると思います。

一人の方がゆったり生活できると考えられがち。

ただし個室、相部屋それぞれに良い点、悪い点というのはあります。

実際に、居室はどんな部屋が多いのか、そして個室のメリット・デメリットなどについてみていきます。

 

「あそこの老人ホームってどうなの?」

 気になる施設が検索できて、もちろん資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護(ライフル介護)で、どんな施設があるのかみてみる!

スポンサーリンク




施設ごとの個室の状態

老人ホームといっても、様々な種類があり、部屋のタイプも色々です。

施設の種類ごとに、居室の形態がどうなっているかをみていきます。

個室がメインの施設

これらの施設は、主に個室がメインとなっていて、夫婦用の2人部屋が備わっている施設もあります。

個室と相部屋が半々

施設によって、個室が多いか、相部屋が多いかは異なり、ほとんどがどちらか、という場合もあります。

相部屋がメインの施設

リハビリや療養を主な目的とした施設で、居室の多くが相部屋となっている場合が多いです。


上記以外の施設ももちろんあり、特別養護老人ホームで、ほぼ全ての居室が個室になっていたり、相部屋のある介護付き有料老人ホームもあり、あくまで目安として見てください。

ユニット型個室

個室の施設の中には、ユニット型個室と呼ばれるものを採用している施設が増えています。

これは全室が個室で、入居している人をそれぞれの10人程度のグループに別けてそれを1つのユニットとし、ユニットごとに食堂やリビングを置いたものです。

特徴としては介護職員もユニットごとに配置され、個別に適した介護を提供できると共に入居者のプライベートをしっかり守る事ができるという点です。

またユニット型準個室といわれ、元々は相部屋だった部屋を固定の壁などで仕切った部屋で、天井部分では繋がっているなど、完全には個室でない居室もあります。

このようにユニット型の個室によって行われる介護は、ユニットケアと呼ばれます。

個室のメリット・デメリット

このように老人ホームによって、

  • 個室
  • ユニット型個室
  • 準個室
  • 相部屋

などの形態があるのですが、多くの人が希望する個室にもメリット以外にデメリットはあります。

個室のメリット

プライベートが守られる

これが一番のメリットであり、目的でもあります。

どうしても相部屋だと音や臭いなど、プライベートがないばかりでなく人間としての尊厳が守られない状況、という事も実際にあります。

準個室でも完全ではないですが、カーテンだけで仕切られた相部屋と比較するとずいぶんましといえるでしょう。

個人の体調などが管理しやすい

ユニット型個室ではスタッフが見る人数は決まっているので、体調の変化に気づきやすくなったり、個別に合った介護サービスを提供しやすくなるという意見があります。

家庭的な雰囲気

ユニット型個室の場合には少人数での生活なので、お互いをより知ることができ家庭的な雰囲気で過ごせます。

個室のデメリット

費用が高い

相部屋と比較すると部屋代で数万円の違いが出てきます。

個室の方が光熱費などもかかり、施設を造る、あるいは運営していく上で費用がかかるためです。

収入の少ない高齢者にとっては、とても大きな負担になります。
(従来型の個室よりもユニット型の方が費用が高くなる場合が多いです)

人間関係

ユニット型個室の場合、同じのユニットの人と気が合えば良いのですがが、合わない場合にトラブルになったり、ストレスを感じるようになる可能性もあります。

スタッフの負担が大きい

ユニット型個室の介護では対応する入居者の数は決まっていますが、相部屋ではないので個人個人の動きを把握するのは難しくなります。
(ある個室で対応していると、他の部屋の事が分からない、など)

そのため介護スタッフの質が高い事が求められます。

また個室であるがゆえに入居者に対してのスタッフの人数も多く必要となり、その分も費用としてかかってきます。

個室と相部屋はどっちが良い?

特別養護老人ホームの現状

個室のメリットとしてもあげている「プライベートが守られる」という部分、つまり入居者の人間としての尊厳を守るという観点から、それまで相部屋の多かった特別養護老人ホームで、2002年以降に新たに建設される施設では、原則的にユニット型個室にする、というように決まりました。

その結果、個室の施設が増えてきてるのですが、同じ建物の敷地面積では相部屋の方が入居者を多く受け入れることができます。

現在、特別養護老人ホームの待機待ちをしている人は、54万人以上といわれていて、供給が追い付いていません。

それらも関係して条件付きで相部屋を容認する、という方向に向かっているようです。

(受け入れるための)効率を考えれば、相部屋の方が需要があるともいえます。


寝たきりの高齢者も人間としての尊厳を守られるのは当然の事です。

ただ一方で相部屋でもいいからすぐにでも特養に入居したい、と考えている人が大勢いるのも事実です。

ただ個室である事が良い、という訳ではありません。

寂しいから相部屋の方が良いという高齢者もいますし、個室だと認知症が進んでしまうとも言われています。

個室は良い、相部屋は悪い、というのではなく(個室が悪いわけでもありません)、個別の施設の人員や介護の状況をよく見て、費用や本人の希望、あるいは本人にとって何が良いのかをしっかり考えて選んでください。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加