元気なうちに入れる老人ホームはココ!

元気「体が元気なうちに老人ホームって入れるの?」

そんな疑問を持ってる人いませんか?

老人ホームは介護をしてもらう施設、というイメージを強く持つ人も多いと思いますが、身体が元気なうちから入居できる施設もあります。

元気で健康な人が老人ホームに入る理由や、入れる施設についてみていきます。

 

「近くのあそこってどんな老人ホーム?」

 

 気になる施設を検索できて資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護で老人ホームを検索!


↑元気な人が入れる老人ホームも探せます!




元気な人が老人ホームに入る理由は?

まだ身体は元気なのに老人ホームに入る、という人は意外といます。

中には会社を定年してすぐに、老人ホームに入居している人もいるくらいです。

介護が必要でないのに老人ホームに入る理由には、どの様なのものがあるのでしょう。

元気なんだけど、1人暮らしが不安

高齢になって、1人で暮らしている事に対しての不安から、というのが老人ホームに入居する理由の上位になっています。

  • 急な病気で倒れたとき
  • 悪質な業者や詐欺の心配
  • 何か相談したいとき

など1人で暮らす事への不安から、施設や老人ホームを探す人が多いようです。

迷惑をかけたくない

介護が必要になってから老人ホームに入居するとなると、自分では契約や手続きができず子供や親戚などに迷惑をかけてしまう、と心配している人は多いです。

また入居が必要と感じても、希望の老人ホームに空きがないなど、すぐに入居できるか分からないので、元気でも早めに入居しておく、という考え方も。

不動産の処分

家や保険、資産の整理などを、自分が元気でしっかりしている間に済ませておきたい、という気持ちから家を処分して相続関係を済まし老人ホームに入居する、という理由。

体は元気だけど、家事がわずらわしい

普段の生活に支障は無いものの、食事の用意や、掃除、洗濯、身の回りの家事が面倒になってきたので、それらをやってくれる老人ホームに入居した、というもの。

趣味に没頭したい

家庭菜園や陶芸など、趣味ややりたい事がある、共通の趣味を持った友達を作りたいなど、いろんな事に活発に取り組んでいきたい、と希望して老人ホームに入居。


このように、まだ元気だけど1人で暮らす不安やわずらわしさ、あるいは、まだまだ精力的に活動していきたい、という気持ちから入居されているようです。

体が元気でも入れる老人ホームはココ!

では、身体が元気な人が入居できる老人ホームはあるのでしょうか。

老人ホームといえば、介護を必要としている人が入居して、その時間の多くをベットで過ごしている、というイメージを持つ人も多いと思います。

当然、重度の介護を必要とする人の為のそのような施設もありますが、そればかりではありません。

身体の元気な人でも入居できる、あるいは元気な人しか入れない、高齢者の為の施設があります。
(要介護の認定や入院によって退去しなければならない施設もあります)

軽費老人ホーム

身寄りがいない、あるいは家族との同居が困難で、生活に不安のある高齢者が、自治体の助成を受けて、比較的安い費用で入居できる施設です。

軽度の要介護度(要支援)や、自立している人(介護認定を受けていない元気な人)が入居できますが、介護が必要になった場合には、退去する必要があります。

「要支援でも入れる老人ホームはココ!」

ケアハウス

軽費老人ホームC型とも呼ばれ、自立している人が入居できる一般型と、介護が必要な人が入居できる介護型があります。軽費老人ホーム同様に、家族との同居が難しい人などが、比較的安い費用で入居できます。

一般型では、介護が必要となったときに、退去を求められる場合があります。また施設によっては、一般型と介護型が一緒になったような施設もあり、元気なうちに入って、介護が必要になっても、そのまま住める、という所もあります。

有料老人ホーム

有料老人ホームには、健康型、住宅型、介護付きと3種類あり、要介護認定を受けていなくて、元気でも入れるのが、健康型と住宅型です。

健康型と住宅型の主な違いは、介護サービスに対してで、健康型では、介護認定を受けると退去しなければならないのですが、住宅型では、中度の要介護度まで対応している施設もあります。

元気なうちに老人ホームに入居する人の理由でもあった、趣味や設備が充実した施設は、主にこの有料老人ホームとなり、施設によっては、

  • 温泉
  • プール
  • ゴルフの練習場
  • ジム
  • 高級レストラン並の食事

などが用意されている事もあります。(これらは設備の維持費のため、費用も高額になります) そこまでではなくても、園芸や陶芸、書道、手芸、絵画といった趣味活動が充実している施設は数多くあります。

サービス付き高齢者向け住宅

賃貸マンションと同じような契約で住むことができる住宅で、高齢者向けに、バリアフリーになっていたり、スタッフによる見守りや生活相談、安否確認などのサービスが受けられます。

また他の施設と比べて元気な人が多いので、施設の出入りや入浴など、自由にできる事も増えます。

重い介護が必要な人では、入居が難しい施設もありますが、サービス付き高齢者向け住宅は、種類にとても幅があり、特定施設入居者生活介護という認定を受けているところでは、施設内の介護スタッフによる支援、介護が行われ、介護付き老人ホーム並のサービスを受ける事ができる所もあります。


これらの老人ホームでは、介護が必要となったときに、退去を求められる施設も多いですが、中にはそのまま介護に対応してくれたり、あるいは病棟に併設された施設であったり、終末期を迎えられる棟まである、など様々です。

もし元気なうちから老人ホームに入居を考えているのであれば、将来的に介護が必要となったときの事(その時点で他に移るのか、その後も住める施設かなど)を考慮して、探しましょう。

まずは資料請求から!

老人ホーム探しは余裕をもって

老人ホームは必要になってから探しだすと、時間がなく納得のいかない所しか見つからない、という可能性が。

また納得のいく所にすぐ入居できるとも限らないので、少しでも早く行動に移して損はありません

まずは資料で比較する

といっても、まず何をすればいいのか悩むところ。まずは気になる施設、あるいは近くの施設の資料を取り寄せましょう。

気を付けたいのは施設に入所してもらう為に作られたものなので、良いことばかり書かれている場合があるという事。

複数の施設で客観的なデータ(部屋数、人員、居室の広さ、費用など)を比べるように。

老人ホームの資料請求に特におすすめは、この2サイト!

LIFULL介護

  • 掲載施設数が多い!
  • 希望の施設を絞り込みやすい
  • 資料請求以外にもいろんな知識を得られる

「~から探す!」という特集が充実していて、老人ホームを探すときの注意点に気付かせてくれます。

かいごDB

  • とにかく掲載されてる施設数が多い!
  • 資料請求するのに入力する項目が少なくて済む
  • 訪問・通所施設も探せる

他のサイトでは資料請求するのに、要介護度まで記入しなければいけない場合もあるので、比較すると気軽に請求できます。


ほかにも検索サイトはいろいろあります。

こちらの記事もどうぞ!
「老人ホーム探しに便利な、無料で資料請求できるサイト5選!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加