老人ホームの退去理由で多いものはあらかじめ知っておくべき!

退去せっかく入居した老人ホームを、どうしても退去しなければならない場合があります。

入居前にはなかなか想像できませんよね?

老人ホームを退去する時の理由には色々あり、それらをあらかじめ知っておくことは、老人ホームを選ぶ参考にもなります。

 

「あそこの老人ホームってどうなの?」

 気になる施設が検索できて、もちろん資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護(ライフル介護)で、どんな施設があるのかみてみる!

スポンサーリンク




老人ホームの退去理由

病気による退去

老人ホームを、退去する理由として多いのが、この病気によるものです。

長期の入院が必要

あらかじめ、老人ホームに入居するときに、退去の要件となっている場合も多いのですが、病気によって長期の入院を必要とする場合に、ホームから退去を求められる、というものです。

「3ヶ月以上の入院が必要な場合、退去になる事があります」などと記されています。

老人ホームは医療機関ではないので、長期の医療行為が必要になれば、退去する必要があります。

ただ老人ホームによっては、一定の期間なら、入院しても退去させられる事がない施設もあります。それでも入院中の家賃は支払う必要があり、経済的な理由から、利用者が自ら退去する、という場合もあります。

この、入院により退去する、しないという件は、後々問題となる事が多いので、あらかじめ重要事項説明書や職員に確認しておきましょう。

要介護度が上がる

老人ホームによっては、対応できる介護の度合いが異なります。

住宅型有料老人ホームや軽費老人ホームなど、もともと自立していたり軽度の要介護度の人を対象とした老人ホームでは、要介護度が上がることで退去を求められる事があります。

施設によっては外部の介護サービスを利用することで対応してくれる所もありますが、重い介護のため介護サービスの上限を超え費用が高くなり施設を変える事になる、という場合もあります。

また認知症の進行が進んで施設では対応できない、という理由で退去を迫られる事もあります。これも事前の確認をしておきましょう。
「認知症に対応している施設はココ!」

サービスに不満

こちらも退去の理由としてあげられます。

  • 思っていたサービスが受けられない
  • 聞いていた内容と違っていた

などありますが、中には利用者と施設側の意識の違い、ということもあります。

利用者側では老人ホームに入居すれば、何でもやってもらえるという意識を持ちがちです。

ところが施設側としては全てを付きっきりで行える訳ではなく、自分でできることは極力やってもらう、という方針の施設もあります。

その辺の温度差が、ホームへの不満となって、退去に繋がる事もあります。

また、いざ入居してみたはいいものの

  • 逆に干渉され過ぎるのに慣れない
  • 共同生活に馴染めない

などの理由から退去する場合もあります。

それぞれ入居までに、その施設でどのような生活を過ごせるのかを、できるだけ把握しておく必要があります。

費用が払えない

費用が支払えなければ、当然退去しなければなりません。 入居するときには支払えた費用(入居時の一時金、および月額費用)も、入居後に金額が変わる(増える)事は、十分考えられます。 例えば、

  • 要介護度が上がることにより、介護サービス費が増える
  • 今までに必要のなかったオムツ代がかかるようになる
  • 病院の治療費が増える

などです。

費用に関しては、今後、要介護度が上がったり、医療費が膨らむことを考えて、あらかじめ計算しておく必要があります。


退去の理由にどのようなものがあるのかを知る事は大切です。

そして入居しようと考えている施設で、実際にどのような理由で退去している人が多いのかは、老人ホームを決定する上でとても参考になるので、ぜひ聞いておきましょう。  

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加