要支援でも入れる老人ホームはココ!

老人ホームに入居するための条件にはいろいろありますが、その1つに要介護度があります。

要介護度は要介護1~5と、介護の必要度が軽い要支援1、2があります。

「要支援でも入れる老人ホームってあるの?」と気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

結論からいうと、要支援でも入居できる老人ホームはあります。要支援についての簡単な説明と、要支援でも入れる施設にはどんな所があるのかについてみていきます。

 

「あそこの老人ホームってどうなの?」

 気になる施設が検索できて、もちろん資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護(ライフル介護)で、どんな施設があるのかみてみる!

スポンサーリンク




老人ホームや施設に入る条件となる要介護認定の、要支援とは?

介護保険を利用して介護サービスを受けるためには、まず要介護認定を受ける必要があります。

要介護認定とは、市区町村によって行われている、介護を必要な度合いを判定するもので、

  • 自立(非該当)
  • 要支援1・2
  • 要介護度1~5

の認定を受けます。
(下に行くほど、そして数字が大きくなるほど、介護の度合いが高くなります)

要支援や要介護度の認定は、申請の後、訪問などによる調査や医師の意見書などを元にして、介護認定審査会により決定されます。

要支援の定義としては、

「介護は必要がないけれども、日常生活の中で全てではないが支援が必要な状態で、将来的には要介護状態になる可能性がある」

といえます。

この中で要支援の1と2の違いとしては、

  • 要支援1では、排泄などの介護は必要ないけれど、日常生活において支援が必要な部分もある(家事や買い物など)
  • 要介護2では、要支援1よりも、動作などの能力低下により、さらに支援が必要

という点で、具体的には支援するのにかかる時間で判定されます。

要支援の状態では、不便はあるもののある程度自分の身の回りの事はできるのですが、年齢的に不安を感じる場合もあり、入居できる施設を探している人もいます。

要支援でも入れる施設や老人ホーム

自立、あるいは要支援の人でも入居可能な施設としては、次のようなものがあります。

(それぞれの老人ホームや施設の詳しい特徴、入り方については、別のページで説明してるので、リンクをクリックしてみてください)

介護保険施設は無理

介護保険を利用して入所できる施設に、介護保険施設(特別養護老人ホーム介護老人保健施設介護療養型医療施設)があります。

が、これらの施設は要介護度が1以上、特別養護老人ホームでは、3以上でないと入所の条件を満たさないので、これらの施設に関しては、要支援では利用できません。

「介護保険施設の種類と違いをまとめてみました!」

軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは、身寄りが無かったり、何らかの理由により家族との同居が困難な高齢者が、自治体からの助成を受けて比較的安い費用で入居できる老人ホーム

入居条件としては、要介護度が自立~要支援程度となっている所が多いです。

ただし介護が必要になった場合には、退去しなければならない場合もあります。

提供されるサービスは、見守りや食事の提供(A型・B型の2種類あり、B型では食事の提供は無し)が主となります。

さらに軽費老人ホームには、C型にあたるケアハウスという施設があります。

ケアハウスにはさらに一般型と介護が必要な人が入居する介護型があり、一般型では、要支援の人も入居可能です。

グループホーム

認知症の人が少人数で共同生活を送るグループホームという施設がありますが、この施設では要支援2の認定を受けていれば入居が可能です。

ただしグループホームは、認知症専門の施設のため、認知症の診断のない人は入居ができません。

有料老人ホーム

有料老人ホームには、

と3つの種類に分けられます。違いについては、「有料老人ホームの違いとは?」に詳しく書いてますが、全てのタイプで、要支援の人が入居できる施設はあります。

ただし健康型は基本的に自立している事が条件となるため、重度の介護度になると、退去の必要があります。

住宅型も健康型よりは、外部の介護事業者を利用する事で、受け入れられる要介護度は高くなりますが、重度の要介護状態になった場合には、退去しなければならない場合もあります。

介護付きでは、重度の介護にも対応しているのですが、入居条件として要介護1以上となっている、「介護専用型」と呼ばれる施設があり、そこへは要支援での入居ができません。

ただし自立している人と、介護が必要な人の両方を受け入れる「混合型」と呼ばれるタイプもあり、こちらの場合は元気な内に入居できて、介護が必要になってもそのまま入居を続ける、という利用の方法もあります。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者向けに建てられた賃貸住宅で、要支援の高齢者も入居可能な所が多くあります。

基本的なサービスは、見守り(安否確認)や生活相談となっていて、重い介護が必要になると住み続けるのが難しい場合が多いです。

ただし特定施設入居者生活介護という指定を受けて、施設内のスタッフによる介護サービスを提供している住宅も増えているので、その場合には、要介護にも対応できる場合もあります。

サービス付き高齢者向け住宅は、提供しているサービスの幅が広く、施設によってかなり異なるので、施設ごとに確認が必要です。


施設や老人ホームの種類ごとに説明しましたが、その中でも施設によって条件が異なる場合(認知症があるかないかで要支援でも入居できなかったり)もあります。

気になる施設ごとに確認する事が必要です。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加