有料老人ホームとグループホームの違いはココ!

138389一言で老人ホームといっても、色々な種類があって、違いが分かりにくい場合は多々あります。

ここでは「有料老人ホーム」と「グループホーム」の違いについて詳しく見ていきます。

 

「近くのあそこってどんな老人ホーム?」

 

 気になる施設を検索できて資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護で老人ホームを検索!




有料老人ホームにも違いがあり!

有料老人ホームとグループホームの2つには色々な違いがあるのですが、その前に有料老人ホームにも3つの種類があるので、そちらから簡単に説明しておきます。

有料老人ホームの3つの種類とは?

有料老人ホームには、入居される人や、提供するサービスによって、

  • 健康型有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム

の3つに分かれます。詳しくは「有料老人ホームの種類と違い」で書いてますし、この後にも説明していくのですが、とても簡単にいうと、

  • 健康型
    元気で介護をほとんど必要としない人の施設
     
  • 住宅型
    元気な人から介護が必要な人まで入居でき、介護を受ける場合には外部の事業者と契約する
     
  • 介護付き
    介護を必要な人が入居し、施設内のスタッフによる介護サービスを受ける(外部のサービスを利用する施設もあり)

と分けられます。

「元気なうちに入れる老人ホームはココ!」

有料老人ホームとグループホーム、違いはココ!

入居条件の違いは?

認知症の有無

ここが有料老人ホームとグループホームの大きな違い、あるいはグループホームの特徴と言っていいでしょう。

グループホームは認知症の高齢者専用の施設といえます。認知症の豊富な知識を持ったスタッフが介護などを行う施設で、認知症でないと入居はできません。

有料老人ホームでも、介護付きでは認知症に対応している施設も多いですが、その他では基本的に対応していません。
「認知症に対応している施設はココ!」

要介護度

  • 有料老人ホーム
    健康型:自立~要支援、施設によっては、軽い要介護度が入居可能な場合も
    住宅型:自立~中度の要介護度
    介護付き:要介護度1~5に対応
     
  • グループホーム:要支援2・要介護度1以上

「要支援でも入れる老人ホームはココ!」

年齢

  • グループホーム65歳以上
  • 有料老人ホーム60歳以上、あるいは65歳以上など施設によって異なる

地域

有料老人ホームの場合、どの地域の施設に入るにも自由ですが、グループホームでは、そうはいきません。グループホームでのサービスは、介護保険の地域密着型サービスの1つで、正式名称を「認知症対応型共同生活介護」といいます。

地域密着型サービスとは、高齢者が住み慣れた場所で生活できるようにと創られたサービスとして、市区町村が主体となって行っている為、グループホームへの入居には、そこに住んでいる人に限られていて、他の地域のグループホームを利用する事もできません。

これも有料老人ホームとグループホームの大きな違いといえるでしょう。

費用の違いは?

老人ホームの費用は大きく分けて、入居したときに必要な費用と、月々に必要な費用があります。

有料老人ホーム

有料老人ホームでは、入居の際に、その施設を利用する権利を購入する、という目的の「入居一時金」が必要となる所が多く、施設によっては数千万円以上、という場合もあります。
(入居一時金が不要で、その分月額費用が高く設定されている場合もあります)

月額費用は、10~40万円程度と、施設の設備などによって幅があります。

グループホーム

入居一時金は、0~数百万円と施設によって異なります。

月額費用は、12~20万円程度と、有料老人ホームと比較すると安くなる場合が多いです。

受けられるサービスの違いは?

健康型有料老人ホーム

見守り、洗濯、掃除などの家事を含めた生活支援が主なサービスで、基本的に介護サービスは提供していません。

住宅型有料老人ホーム

見守りや家事などの生活支援が提供され、介護サービスが必要な場合には、基本的に外部の訪問介護事業者などと契約し介護サービスを受けます。

介護付き有料老人ホーム

特定施設入居者生活介護という指定を受けているので、入浴や排泄といった身体介助や、機能回復のためのリハビリといったサービスが施設内のスタッフによって提供されます。
(外部サービス利用型といって、介護サービスを外部に依託する施設もあります)
また施設によっては、必要な医療ケアを提供できる場合もあります。

グループホーム

グループホームでは要介護度に合わせて、介護サービスが提供されるのですが、認知症の人が自立して生活することを目的とした施設のため、できる事は自分で行いながら、ユニットケアと呼ばれる少人数での共同生活を送ります。

家事など、スタッフのサポートを受けながら行っていくことで、認知症の進行を遅らせる効果もあると言われています。

また認知症の改善のために、リハビリやレクリエーションを積極的に取り入れる施設も多くあります。

まずは資料請求から!

老人ホーム探しは余裕をもって

老人ホームは必要になってから探しだすと、時間がなく納得のいかない所しか見つからない、という可能性が。

また納得のいく所にすぐ入居できるとも限らないので、少しでも早く行動に移して損はありません

まずは資料で比較する

といっても、まず何をすればいいのか悩むところ。まずは気になる施設、あるいは近くの施設の資料を取り寄せましょう。

気を付けたいのは施設に入所してもらう為に作られたものなので、良いことばかり書かれている場合があるという事。

複数の施設で客観的なデータ(部屋数、人員、居室の広さ、費用など)を比べるように。

老人ホームの資料請求に特におすすめは、この2サイト!

LIFULL介護

  • 掲載施設数が多い!
  • 希望の施設を絞り込みやすい
  • 資料請求以外にもいろんな知識を得られる

「~から探す!」という特集が充実していて、老人ホームを探すときの注意点に気付かせてくれます。

かいごDB

  • とにかく掲載されてる施設数が多い!
  • 資料請求するのに入力する項目が少なくて済む
  • 訪問・通所施設も探せる

他のサイトでは資料請求するのに、要介護度まで記入しなければいけない場合もあるので、比較すると気軽に請求できます。


ほかにも検索サイトはいろいろあります。

こちらの記事もどうぞ!
「老人ホーム探しに便利な、無料で資料請求できるサイト5選!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加