有料老人ホームと特養の違いはココ!それぞれ比べてみました

違い老人ホームは種類が多く呼び方もややこしいので、それぞれの違いが分かりにくい場合がよくあります。

ここでは違いが分かりにくいといわれる、有料老人ホームと特養(特別養護老人ホーム)の違いについてみていきます。

 

「近くのあそこってどんな老人ホーム?」

 

 気になる施設を検索できて資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護で老人ホームを検索!




有料老人ホームと特養(特別養護老人ホーム)、違いはココ!

有料老人ホームと特養の最も大きな違い

この2つの施設には、色々な違いがありますが、最も大きな違いというと次の点になるでしょう。

有料老人ホーム

主に民間企業が運営している比較的費用の高い施設。

特養

公的な介護保健施設の1つで、収入なとにより補助や助成金の制度があり、比較的費用が安い施設。

多くの人がイメージする有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いでもありますが、「有料老人ホームは高い」、「特別養護老人ホームは安い」という点が2つの施設の大きな違いといえます。

では、費用やその他の違いについて、詳しくみていきます。

費用の違い

最も大きな違いとしてあげた費用に関してですが、具体的にどのくらい違うのでしょう。

入居一時金

老人ホームでは、入居する時に、入居一時金と呼ばれる費用が必要となる施設があります。これがあるかないかが、有料老人ホームと特別養護老人ホームの費用面での違いを最も大きくしている要因です。

  • 特別養護老人ホーム:入居一時金は不要
  • 有料老人ホーム:0~数千万円

有料老人ホームでも入居一時金が不要、という施設はありますが、多くの場合必要となり、高額になる事も少なくありません。

月額費用

  • 特別養護老人ホーム:5~15万円程度
  • 有料老人ホーム:10~40万円程度

有料老人ホームには、健康型・住宅型・介護付きという3つの種類あり、それらによっても金額は違ってきます。

NPO法人が運営しているような所では、費用が安い施設もありますが、おおむね比較すると、やはり有料老人ホームの方が高くなります。

入居条件の違い

年齢

特別養護老人ホームでは、基本的に65歳以上となっていますが、有料老人ホームでは、60歳以上となっている所も多く、施設によって異なります。

要介護度

特別養護老人ホームでは、介護認定を受けて、要介護度3以上というのが入居の条件となっていますが、有料老人ホームでは、施設によってかなり違いがあります。

だいたいの目安としてですが、次のようになっています。

  • 健康型:自立~軽度の要介護度
  • 住宅型:自立~中度
  • 介護付き:要介護度1~5
    (自立とは、介護認定の非該当にあたります)

受けられるサービスの違い

受けられるサービスの違いについては、有料老人ホームのなかでも種類によって違うので、まずは有料老人ホームの簡単な違いをあげていきます。

健康型

生活の援助(掃除、選択などの家事や、買い物の代行など)を行うのがメインとなっていて、介護や機能訓練といったサービスの提供は、基本的には行われていません。

住宅型

生活の援助や見守りといったサービス以外に、介護を必要とする入居者は、外部の介護サービスを提供する事業者により、介護やリハビリなど(介護保険の居宅サービスとして)を受けます。

ただし、重度の要介護度では、対応出来ない施設が多くなります。

介護付き

介護付き有料老人ホームは、都道府県による特定施設入居者生活介護という指定を受けて、施設内のスタッフが介護サービスを提供しています。

(施設によっては外部の事業者により介護サービスを提供しているところもあります)

有料老人ホームで「介護付き」と名乗るには、この特定施設の指定を受けている必要があります。

介護付きでは、重度の要介護度の入居者や、認知所にも対応している施設が多くあります。

つまり、

  • 健康型は、施設の豪華な設備などを重視した、ホテルのような施設が多い
  • 住宅型は、介護やリハビリにも外部事業者によって対応しているけれど、重介護には対応出来ない所が多くなる
  • 介護付きでは、重い介護にも施設内のスタッフにより対応している

という事です。
(詳しくは「有料老人ホームの種類と違い」をどうぞ)

特養(特別養護老人ホーム)

特別養護老人ホームで提供されているサービスは、入居者が常時の介護を必要とする要介護度の高い人が多い事から、

  • 食事・入浴・排泄といった身体介助
  • 機能回復の為のリハビリ
  • 家事などの生活支援
  • レクリエーション

といったものになります。

特別養護老人ホームとの比較でいうと、介護付き有料老人ホームでは特養と同程度のサービスを提供可能な所があります。

さらに上乗せ介護費用が発生しますが、職員の配置人数を増やすなど、特別養護老人ホームよりも手厚い介護を提供しているところもあります。


費用は老人ホームを選ぶ時の重要な要素ですが、それだけではなく、どのようなサービスを受けられるか、必要とするサービスが提供されているかも大切です。

特別養護老人ホームは多くの待機者がいて、すぐには入居できない場合が多く、有料老人ホームが選択肢の1つになる場合もあるでしょう。

ただ有料老人ホームは、3つの種類があるばかりでなく、例えば、同じ介護付き有料老人ホームの中でも、提供しているサービスなどにかなりの幅があります。

有料老人ホームを選ぶ時は、必ず複数の施設の資料などを比較し、見学や体験入居を行って、しっかり検討するようにしましょう。
「老人ホームに体験入居するときの注意点!」

まずは資料請求から!

老人ホーム探しは余裕をもって

老人ホームは必要になってから探しだすと、時間がなく納得のいかない所しか見つからない、という可能性が。

また納得のいく所にすぐ入居できるとも限らないので、少しでも早く行動に移して損はありません

まずは資料で比較する

といっても、まず何をすればいいのか悩むところ。まずは気になる施設、あるいは近くの施設の資料を取り寄せましょう。

気を付けたいのは施設に入所してもらう為に作られたものなので、良いことばかり書かれている場合があるという事。

複数の施設で客観的なデータ(部屋数、人員、居室の広さ、費用など)を比べるように。

老人ホームの資料請求に特におすすめは、この2サイト!

LIFULL介護

  • 掲載施設数が多い!
  • 希望の施設を絞り込みやすい
  • 資料請求以外にもいろんな知識を得られる

「~から探す!」という特集が充実していて、老人ホームを探すときの注意点に気付かせてくれます。

かいごDB

  • とにかく掲載されてる施設数が多い!
  • 資料請求するのに入力する項目が少なくて済む
  • 訪問・通所施設も探せる

他のサイトでは資料請求するのに、要介護度まで記入しなければいけない場合もあるので、比較すると気軽に請求できます。


ほかにも検索サイトはいろいろあります。

こちらの記事もどうぞ!
「老人ホーム探しに便利な、無料で資料請求できるサイト5選!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加