老人ホームにかかる費用の内訳は?

費用の内訳老人ホームへの入居を考えるときに、まず気になるのが費用でしょう。

実際の費用に関しては、施設によって様々ですが、ここでは老人ホームにかかる費用には、どのようなものがあるのか、その内訳について説明します。 老人ホームで必要となる費用は、大きく分けて

  • 入居するときにかかる費用
  • 月額の費用

となります。

 

「あそこの老人ホームってどうなの?」

 気になる施設が検索できて、もちろん資料請求も無料!

  まずはLIFULL介護(ライフル介護)で、どんな施設があるのかみてみる!

スポンサーリンク




老人ホームに入居するときにかかる費用、その内訳は?

老人ホームには入居するときに費用がかかる施設と不要な施設があります。

入居の時に費用が不要な施設

介護保険施設といわれる次の3つの施設、

養護老人ホームという施設に関しては、入居するときに別途費用は必要ありません。

「介護保険施設の種類と違いをまとめてみました!」

入居一時金

入居一時金とは、その施設を利用するための権利を購入するために必要な費用で、それを支払うことによって、その施設を終身利用することができるようになります。この費用が必要なのは、主に

となっていて、金額については、数千万円必要としている施設もあります。

この入居一時金は家賃の前払いという性質も持っていて、入居一時金が安い、あるいは不要の有料老人ホームなどもありますが、その分家賃が高い設定となっている事が多いです。

入居一時金に関しては途中で退去したときに返ってくる返還金制度というものがありますが、施設によって戻ってくる金額や割合は異なるので必ず確認しておきましょう。
(施設によってはまったく戻ってこない事もあります)

保証金(敷金)

有料老人ホームのように入居するときに、施設を利用する権利を購入する必要はないけれど、最初にかかる費用として、保証金というものがあります。

これは、一般のマンションを借りるときにも支払うことのある敷金と同じ性質のもので、

  • 家賃の滞納時の補填
  • 退去時の部屋の修復代

などにあてられ、金額としては数十万円という所が多いようです。

保証金を必要とする施設としては、

などとなります。
(ケアハウスの場合、一般型と介護型がありますが、介護型では入居一時金が必要となる場合が多いです)

月額の費用

月々にかかる費用を大きく分けると、

  • 介護サービス費
  • その他の費用

となります。

介護サービス費

これは施設で介護サービスを受けたものに対して発生する費用で、利用した額の1割(所得によっては2割)を負担することになります。

介護保険施設などでは、部屋の種類(個室か相部屋かなど)や要介護度、職員の配置などによって金額が変わります。

また施設で外部の介護サービス事業者を利用する場合には利用した分だけ費用が必要になるのですが、使える上限額は要介護度によって設定されているので、それを超えた分に関しては全額自己負担となります。
「介護保険の自己負担はいくら?」

その他の費用

これは暮らしていくために必要な費用で、

  • 家賃
  • 水道光熱費(ガス、水道、電気代など)
  • 食費(利用した分だけの場合が多い)
  • 管理費(人件費、修繕費、共用施設の維持費など)

などがあります。

他にもオムツ代や散髪代、おやつ代、薬代、医療費、イベント・レクリエーション費用など日常生活に必要な費用がいります。  

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加